CUBE SUGAR CONTAINER

技術系のこと書きます。

matplotlib

Python: パラメータ選択を伴う機械学習モデルの交差検証について

今回は、ハイパーパラメータ選びを含む機械学習モデルの交差検証について書いてみる。 このとき、交差検証のやり方がまずいと汎化性能を本来よりも高く見積もってしまう恐れがある。 汎化性能というのは、未知のデータに対処する能力のことを指す。 ようする…

Python: matplotlib で動的にグラフを生成する

今回は matplotlib を使って動的にグラフを生成する方法について。 ここでいう動的というのは、データを逐次的に作って、それを随時グラフに反映していくという意味を指す。 例えば機械学習のモデルを学習させるときに、その過程 (損失の減り方とか) を眺め…

Python: LightGBM を使ってみる

LightGBM は Microsoft が開発した勾配ブースティング (Gradient Boosting) アルゴリズムを扱うためのフレームワーク。 勾配ブースティングは決定木 (Decision Tree) から派生したアルゴリズムで、複数の決定木を逐次的に構築したアンサンブル学習をするらし…

Python: 機械学習で分類問題のモデルを評価する指標について

今回は、機械学習において分類問題のモデルを評価するときに使われる色々な指標について扱う。 一般的な評価指標としては正確度 (Accuracy) が使われることが多いけど、これには問題も多い。 また、それぞれの指標は特徴が異なることから、対象とする問題ご…

Python: 相関行列を計算してヒートマップを描いてみる

以前、このブログで相関係数について解説した記事を書いたことがある。 相関係数というのは、データセットのある次元とある次元の関連性を示すものだった。 blog.amedama.jp この相関係数を、データセットの各次元ごとに計算したものを相関行列と呼ぶ。 デー…

Python: KMeans 法を実装してみる

KMeans 法は、機械学習における教師なし学習のクラスタリングという問題を解くためのアルゴリズム。 教師なし学習というのは、事前に教師データというヒントが与えられないことを指している。 その上で、クラスタリングというのは未知のデータに対していくつ…

Python: k 近傍法を実装してみる

k 近傍法 (k-Nearest Neighbor algorithm) というのは、機械学習において教師あり学習で分類問題を解くためのアルゴリズム。 教師あり学習における分類問題というのは、あらかじめ教師信号として特徴ベクトルと正解ラベルが与えられるものをいう。 その教師…

Python: 多変数の関数から勾配法で最小値を探す

以前、このブログで一変数の関数から勾配法で最小値を探す記事を書いた。 blog.amedama.jp このときは題材として という一変数の関数を扱った。 今回は、これを多変数の関数に拡張してみることにする。 ちなみに、この多変数というのは機械学習における多次…