CUBE SUGAR CONTAINER

技術系のこと書きます。

Linux

pyenv を使って Ubuntu に複数バージョンの Python をインストールする

今回は Python のインストールマネージャである pyenv を使って、簡単に複数のバージョンの Python を Ubuntu にインストールする方法を書く。 Python でソフトウェアを開発する際には、バージョン間の差異に配慮する必要がある。 そのため、開発する環境で…

Ubuntu の APT で入る Python 仮想環境系のパッケージを使う

最近は Docker などのコンテナ技術の台頭もあって、プログラミング言語に固有の仮想環境を使う人は以前より減った印象がある。 とはいえ、手元でササッと検証するときなどには便利なことに変わりはない。 今回は、Ubuntu を使って APT で入る Python の仮想…

Ubuntu の APT で特定パッケージの依存関係を調べる

今回は Debian 系のパッケージ管理で使われる APT (Advanced Packaging Tool) で特定パッケージの依存関係を調べる方法について。 結論から先に述べると apt-cache depends サブコマンドと apt-cache rdepends サブコマンドを使って調べられる。 使った環境…

Multipass の仮想マシンで X Window System のアプリケーションを使う

今回は Multipass で作った仮想マシン上で X Window System のアプリケーションを使う方法について。 やり方としては、Multipass の仮想マシンに ssh(1) を使ってログインできるようにした上で X11 Forwarding すれば良い。 使った環境は次のとおり。 $ sw_v…

Vagrant の仮想マシンで X Window System のアプリケーションを使う

今回は Vagrant の仮想マシンで X Window System のアプリケーションを使う方法について。 これには、ローカルのマシンに X Server をインストールした上で、X11 Forwarding する必要がある。 使った環境は次のとおり。 Vagrant は ISA が x86 のマシンでし…

Ubuntu 22.04 LTS に後から GUI (X Window System) を追加する

サーバ版のインストールイメージを使ってセットアップした場合など、デフォルトで X Window System やデスクトップ環境が入っていないことがある。 しかし、後から必要になることも多い。 そこで、今回は Ubuntu 22.04 LTS にデスクトップ環境や X Window Sy…

RPM 形式のパッケージからファイルを取り出す

主に RHEL 系の GNU/Linux ディストリビューションで採用されている RPM 形式のパッケージファイルからファイルを取り出す方法について。 必要になってたまに調べることになるのでメモとして残しておく。 使った環境は次のとおり。 $ cat /etc/redhat-releas…

Linux の IPC Namespace について

Linux のコンテナ仮想化を実現する機能の一つに Namespace がある。 Namespace はプロセスが動作する際のリソースをカーネルの中で隔離 (分離) する仕組み。 Namespace は隔離する対象のリソースによって色々とある。 man7.org 今回は、その中でも IPC (Inte…

pivot_root について

今回は、Linux でプロセスのルートファイルシステムの場所を変更する機能の pivot_root について扱う。 プロセスのルートファイルシステムを変更するのは、古典的な chroot を使っても実現できる。 ただ、chroot は隔離したはずのルートファイルシステムから…

Linux の Network Namespace と Keepalived でルータの冗長化を試す

今回は「Linuxで動かしながら学ぶTCP/IPネットワーク入門」に載せようか悩んで、結局は載せなかった内容のひとつを扱う。 Linux の Network Namespace を使って作った 2 台のルータを、Keepalived (VRRP) を使ってホットスタンバイで冗長化する構成を組んで…

chroot について

今回は、Unix の古典的な機能のひとつである chroot について扱う。 chroot を使うと、特定のプロセスにおけるルートディレクトリを、ルートディレクトリ以下にある別のディレクトリに変更できる。 今回扱うのはコマンドラインツールとしての chroot(8) と、…

Lima を使って Apple Silicon 版の Mac で x86-64 (Intel on ARM) な仮想マシンを扱う

Apple Silicon 版の Mac を使っていても、依然として成果物をデプロイする先は ISA が x86-64 (amd64) のマシンであることが多い。 となると、どうしても x86-64 の環境を使って作業をしたい場面が出てくる。 もちろん、IaaS を利用してリモートにマシンを立…

Linux の PID Namespace について

Linux のコンテナ仮想化を構成する機能の一つに Namespace (名前空間) がある。 Namespace は、カーネルのリソースを隔離して扱うための仕組みで、リソース毎に色々とある。 今回は、その中でも PID (Process Identifier) を隔離する PID Namespace を扱って…

C: glibc のバージョンをライブラリ関数・定数から取得する

今回は glibc のバージョンをライブラリ関数と定数から取得する方法について。 結論から先に述べると gnu_get_libc_version(3) か、定数の __GLIBC__ と __GLIBC_MINOR__ から得られる。 使った環境は次のとおり。 $ lsb_release -a No LSB modules are avai…

Linux の UTS Namespace について

Linux のコンテナ仮想化を構成する要素の 1 つに、カーネルの Namespace (名前空間) という機能がある。 Namespace には色々とあるけど、今回はホスト名と NIS (Network Information Service) 1 ドメイン名を隔離する仕組みを提供している UTS Namespace に…

Linux: fork(2) で子プロセスの終了理由を判定する

今回は fork(2) で子プロセスの終了理由を判定してみる。 結論から先に述べると、子プロセスの終了を待つとき wait(2) に int のポインタを渡すと終了理由をセットしてくれる。 それをマクロで判定していけば良い。 linuxjm.osdn.jp 使った環境は次のとおり…

Linux: util-linux を gdb でデバッグする

util-linux に含まれるコマンドの振る舞いを動的に解析したい場面があったので、手順を書き残しておく。 使った環境は次のとおり。 $ cat /etc/lsb-release DISTRIB_ID=Ubuntu DISTRIB_RELEASE=20.04 DISTRIB_CODENAME=focal DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 20…

Network Namespace 内の Linux Bridge では STP が動作しないらしい

どうやら、今のところ Network Namespace 1 内では Linux Bridge の STP (Spanning Tree Protocol) がサポートされていないようだ。 今回は、以下のような実験を通して、それを実際に確かめてみる。 単一の Linux Bridge 内にループを作ってストームを引き起…

Linux の Mount Namespace について

Linux のコンテナ仮想化を構成する要素の一つに、カーネルの Namespace (名前空間) という機能がある。 これは、プロセスが動作する際のリソースを Namespace という単位で隔離して扱うための仕組み。 以下のとおり、隔離する対象によって Namespace は色々…

Overlay Filesystem と Docker について

Linux で利用できるファイルシステムの一つに Overlay Filesystem (OverlayFS) がある。 このファイルシステムは、Docker が推奨しているストレージドライバの overlay2 が利用していることで有名。 今回は、そんな OverlayFS を Docker を介さずに扱ってみ…

iproute2 の ip-netns(8) を使わずに Network Namespace を操作する

今回は、iproute2 の ip-netns(8) を使わずに、Linux の Network Namespace を操作する方法について書いてみる。 目的は、namespaces(7) について、より深い理解を得ること。 使った環境は次のとおり。 $ cat /etc/lsb-release DISTRIB_ID=Ubuntu DISTRIB_RE…

Python: NumPy の empty() / zeros() を呼び出した直後は物理メモリの使用量が増えない

表題のとおりなんだけど、NumPy の empty() や zeros() は呼び出した直後はメモリの RSS (Resident Set Size) が増えない。 ようするに、呼び出した直後は配列に物理メモリが割り当てられていない、ということ。 今回は、そのせいでちょっとハマったのでメモ…

Ubuntu 20.04 LTS に後から GUI (X Window System) を追加する

Ubuntu 20.04 LTS のサーバ版をインストールした場合には、デフォルトでは GUI 環境が用意されない。 しかし、後から必要になる場合もある。 今回は、そんなときどうするかについて。 なお、必要な操作は Ubuntu 18.04 LTS の場合と変わらなかった。 使った…

Docker でコンテナにマウントできるボリュームについて

Docker では、ボリュームという機能を使うことで、ホストや外部のストレージをコンテナにマウントできる。 今回は、それらについてざっと使い方を見ていく。 紹介するボリュームの種類は次のとおり。 bind mount volume mount tempfs mount 使った環境は以下…

シェルスクリプトで数値をゼロパディングする

シェルスクリプトを書いていると、数値をゼロパディングする必要に迫られることがある。 たとえば、ファイル名や日付を処理するときに多い。 結論から先に述べると、数値のゼロパディングは printf(1) を使うことで実現できる。 使った環境は次のとおり。 $ …

Python: CatBoost を GPU で学習させる

勾配ブースティング決定木を扱うフレームワークの CatBoost は、GPU を使った学習ができる。 GPU を使うと、CatBoost の特徴的な決定木の作り方 (Symmetric Tree) も相まって、学習速度の向上が見込める場合があるようだ。 今回は、それを試してみる。 使っ…

ltrace(1) で共有ライブラリの呼び出しを追いかける

Linux システムでは ltrace(1) を使うことで共有ライブラリの呼び出しを調べることができる。 今回は、いくつかの例を用いて使い方についてざっくりと見ていく。 使った環境は次のとおり。 $ cat /etc/lsb-release DISTRIB_ID=Ubuntu DISTRIB_RELEASE=18.04 …

「Linuxで動かしながら学ぶTCP/IPネットワーク入門」という本を書きました

表題のとおり TCP/IP に関する本を書きました。 今回は、そのご紹介です! Linuxで動かしながら学ぶTCP/IPネットワーク入門作者:もみじあめAmazon どんな本なの? Linux を使って実際にネットワークを組んで動かしながら TCP/IP について学べる本です。 実際…

Linux の Network Namespace と radvd / dnsmasq で IPv6 SLAAC (+RDNSS) を試す

今回は、Linux の Network Namespace と radvd / dnsmasq を使って IPv6 の SLAAC を試してみる。 IPv6 では、アドレスの自動設定にいくつかのやり方がある。 SLAAC というのは、そのひとつで RFC 4862 で定義されている IPv6 Stateless Address Autoconfigu…

Linux で VXLAN を扱ってみる

久しぶりに VXLAN について調べたところ、カーネルの機能で VXLAN インターフェイスが作れるようになってたので試してみた。 ここでいう VXLAN というのは、RFC7348 で定義されている Virtual eXtensible Local Area Network というプロトコルを指す。 この…