CUBE SUGAR CONTAINER

技術系のこと書きます。

Docker

Docker のマルチステージビルドで自前でビルドした Wheel を含むイメージを作る

今回は Docker のマルチステージビルドを使って Wheel が提供されていない Python パッケージを含む Docker イメージを作ってみる。 これだけだと、なんのこっちゃという感じなので、以下で前提から説明しておく。 まず、今の Python のパッケージングにはソ…

続: Docker コンテナ内で Docker ホストと同じユーザを使う

以前、Docker コンテナ内で Docker ホストと同じユーザを使う方法として、以下のような記事を書いた。 ちょっと強引だけど /etc/passwd と /etc/group をコンテナからマウントすることで不整合をなくしてしまう、というもの。 blog.amedama.jp ただ、上記の…

NVIDIA Container Toolkit を使って Docker コンテナで GPU を使う

今回は NVIDIA Container Toolkit を使って Docker コンテナから Docker ホストの GPU を使う方法について書く。 これまで Docker コンテナで GPU を使う方法は、nvidia-docker と nvidia-docker2 という二つの世代を経てきた。 それも、ここに来てやっと一…

リモートサーバ上の Docker コンテナで JupyterLab を使う

今回のエントリは、以下のエントリの改訂版となる。 起動するアプリケーションを Jupyter Notebook から JupyterLab にすると共に、いくつか変更を加えた。 blog.amedama.jp JupyterLab は従来の Jupyter Notebook を置き換えることを目的とした後継プロジェ…

Docker コンテナ内で Docker ホストと同じユーザを使う

Docker コンテナで Docker ホストのボリュームをマウントすると、パーミッションの問題が生じることがある。 これは、ホストで使っているユーザとコンテナで使っているユーザで UID と GID の不一致が起こるため。 今回は、それらの問題を解決する方法の一つ…

リモートサーバ上の Docker コンテナに X11 Forwarding する

リモートにあるサーバで動かしている Docker コンテナ上の X アプリケーションの GUI をローカルのマシンから確認したいと思った。 そこで、Docker コンテナとローカルマシンの間で X11 Forwarding してみることにした。 やってみると意外と手間取ったので記…

Ubuntu 18.04 LTS で NVIDIA-Docker2 を使ってみる

(2019-09-22 追記) NVIDIA-Docker2 は現在では非推奨 (Deprecated) な方法となっています。 代わりに NVIDIA Container Toolkit を使ってください。 blog.amedama.jp ニューラルネットワークに代表される機械学習の一部のアルゴリズムでは、学習する上で大量…

リモートサーバ上の Docker コンテナで Jupyter Notebook を使う

今回は、以下のエントリの続き。 blog.amedama.jp 上記の記事でやったことを Docker コンテナにしてみる。 使った環境は次の通り。 まずは Docker ホストとして使う Ubuntu 18.04 のマシンから。 こちらも前回と同じように Vagrant で構築している。 vagrant…

Docker Compose を使って複数のコンテナを管理する

今回は Docker Compose を使って複数のコンテナをまとめて管理する方法について。 docker run コマンドを使ってチマチマとやるよりもぐっと楽にできる。 コンテナオーケストレータを使うほどでもないけど複数台コンテナを扱いたい…っていうシチュエーション…

Docker コンテナのログを syslog でリモートホストに飛ばす

今回は Docker コンテナのログを syslog で別のホストに飛ばしてみることにする。 言うまでもなく、ロギングはシステムを運用する上で欠かせない要素の一つ。 Docker には、あらかじめ複数のロギングドライバが組み込まれていて、それらを使い分けることがで…

まっさらな状態から Docker イメージを作る

Docker イメージというと、一般的には既存の Docker イメージをベースにして作る機会が多い。 そうしたとき Dockerfile にはベースとなるイメージを FROM 命令で指定する。 とはいえ、既存のイメージをベースにしない、まっさらな状態からイメージを作ること…

Docker コンテナの動作に必要な設定を起動時に渡す

今回は Docker コンテナを起動するタイミングで、コンテナの動作に必要な設定を受け渡す方法について書く。 やり方としては、大まかに分けて「環境変数を通して渡す」と「コマンドライン引数を通して渡す」という二つがある。 どちらの場合も docker run で…

Docker のホストとコンテナ間でファイルをやり取りする

Docker ホストとコンテナの間でファイルをやり取りするのって以前はかなり面倒だったと思う。 そんな記憶も今は昔、専用のコマンドが用意されてだいぶ簡単になっているようだ。 docker cp | Docker Documentation 使った環境は次の通り。 $ sw_vers ProductN…

Docker イメージをファイルでやり取りする

基本的に Docker イメージは Docker リポジトリからダウンロードしたりアップロードするものだと思う。 とはいえ、インターネットに疎通がなかったりすることもあるし、自前でリポジトリを運用するのもつらい。 そんなときは Docker イメージを、そのままフ…

Ubuntu 16.04 LTS で NVIDIA Docker を使ってみる

(2019-09-22 追記) NVIDIA Docker は現在では非推奨 (Deprecated) な方法となっています。 代わりに NVIDIA Container Toolkit を使ってください。 blog.amedama.jp 以前、このブログで Keras/TensorFlow の学習を GPU (CUDA) で高速化する記事を書いた。 こ…

CentOS7 で Docker Swarm を試してみる

先日リリースされた Docker 1.12 から Docker Swarm が本体に同梱されるようになった。 この Docker Swarm というのは、複数の Docker ホストを束ねて使えるようにするオーケストレーションツールになっている。 今回は、その Docker Swarm がどういったもの…

Docker: データボリュームとデータボリュームコンテナ

Docker を使っているとデータの永続化が問題になる。 例えばデータベースのアプリケーションを動作させるとして、どこにデータを残せばいいだろう。 通常のファイルシステム上に置いてしまうと、コンテナが終了すると使えなくなってしまう。 そんなときに便…

docker-machine で "Error response from daemon: client is newer than server" になったときの対処方法

今回のネタは、おそらく docker-machine を使っていればいつか遭遇するエラーについて。 結論から先に言うと docker-machine を使っていて、ある日 Docker 本体のバージョンを更新するとこうなる。 まず前提として Docker は Linux コンテナが動作する Docke…

CentOS7 で Docker を使ってみる

Docker はコンテナ型ハードウェア仮想化と呼ばれる技術を用いたアプリケーション配布用のプラットフォーム。 今回はその Docker を CentOS7 で一通り使ってみる。 $ cat /etc/redhat-release CentOS Linux release 7.1.1503 (Core) $ uname -r 3.10.0-229.14…

Docker v1.8 から RHEL/CentOS6 はサポート外になった

表題の通り Docker バージョン 1.8 から RHEL/CentOS6 はサポート外になった。 今後は Docker を使いたい場合 RHEL/CentOS7 を使う必要がある。 もうちょっと詳しく調べてみる 以下のチケットが Docker バージョン 1.8 のリリースされるちょっと前に話題にな…

Homebrew で boot2docker から Docker Machine に移行する

OSX や Windows から Docker を楽に使うことのできるツールとして有名な boot2docker だけど、これが最近になって非推奨になってしまった。 例えば boot2docker で Docker ホストの仮想マシンを起動したりすると、以下の様なメッセージが表示される。 $ boot…