読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CUBE SUGAR CONTAINER

技術系のこと書きます。

Python: uptime でシステムの連続稼働時間を得る

システムの uptime (連続稼働時間) に関する情報はプラットフォームごとに取得する方法が異なっている。 今回紹介する Python の uptime パッケージは、それらの差異を吸収して共通の API で連続稼働時間を知ることができる。

今回使った環境は次の通り。

$ sw_vers
ProductName:    Mac OS X
ProductVersion: 10.11.4
BuildVersion:   15E65
$ python --version
Python 3.5.1

インストール

uptime を pip コマンドでインストールする。

$ pip install uptime

使ってみる

使い方はシンプルこの上ないので REPL を使って示す。 python コマンドで起動しよう。

$ python

連続稼働時間は uptime モジュールの uptime() 関数で得られる。 単位は秒。

>>> import uptime
>>> uptime.uptime()
107.211436

ちなみに、もし連続稼働時間が不明なときには None が返るらしい。

複数回呼び出すと、もちろんだんだんと数値 (連続稼働時間) が増えていく。

>>> uptime.uptime()
111.069084
>>> uptime.uptime()
113.490662

また boottime() 関数では起動した時間を得ることができる。

>>> uptime.boottime()
datetime.datetime(2016, 3, 31, 21, 27, 5, 65)

シンプル!