読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CUBE SUGAR CONTAINER

技術系のこと書きます。

機械学習

Mac OS X に GNU Octave をインストールする

GNU Octave 数値計算や解析に使われるプログラミング言語の一つ。 あの MATLAB とほぼ互換性があるんだとか。 今回 Coursera の Machine Learning コースを受ける上で必要だったためインストールすることにした。 使った環境は次の通り。 $ sw_vers ProductN…

Python: scikit-learn で決定木 (Decision Tree) を試してみる

今回は機械学習アルゴリズムの一つである決定木を scikit-learn で試してみることにする。 決定木は、その名の通り木構造のモデルとなっていて、分類問題ないし回帰問題を解くのに使える。 また、決定木自体はランダムフォレストのような、より高度なアルゴ…

Ubuntu 16.04 LTS で NVIDIA Docker を使ってみる

以前、このブログで Keras/TensorFlow の学習を GPU (CUDA) で高速化する記事を書いた。 このときは、それぞれの環境の分離には Python の virtualenv を使っていた。 blog.amedama.jp 今回は、別の選択肢として NVIDIA Docker を使う方法を試してみる。 NVI…

Python: scikit-learn で主成分分析 (PCA) してみる

主成分分析 (PCA) は、主にデータ分析や統計の世界で使われる道具の一つ。 データセットに含まれる次元が多いと、データ分析をするにせよ機械学習をするにせよ分かりにくさが増える。 そんなとき、主成分分析を使えば取り扱う必要のある次元を圧縮 (削減) で…

Python: KMeans 法を実装してみる

KMeans 法は、機械学習における教師なし学習のクラスタリングという問題を解くためのアルゴリズム。 教師なし学習というのは、事前に教師データというヒントが与えられないことを指している。 その上で、クラスタリングというのは未知のデータに対していくつ…

Python: k 近傍法を実装してみる

k 近傍法 (k-Nearest Neighbor algorithm) というのは、機械学習において教師あり学習で分類問題を解くためのアルゴリズム。 教師あり学習における分類問題というのは、あらかじめ教師信号として特徴ベクトルと正解ラベルが与えられるものをいう。 その教師…

Python: データセットを標準化する効果を最近傍法で確かめる

データセットの標準化については、このブログでも何回か扱っている。 しかし、実際にデータセットを標準化したときの例については試していなかった。 blog.amedama.jp blog.amedama.jp そこで、今回は UCI の提供する小麦 (seeds) データセットを最近傍法で…

Python: Keras/TensorFlow の学習を GPU で高速化する (Ubuntu 16.04 LTS)

以前、このブログで Keras/TensorFlow の学習スピードを GPU を使って速くする記事を書いた。 ただし、このとき使った OS は Mac OS X (macOS Sierra) だった。 blog.amedama.jp とはいえ NVIDIA の dGPU を積んだ Mac がどれだけあるんだというと、正直なか…

Python: Keras/TensorFlow の学習を GPU で高速化する (Mac OS X)

Keras というのは Python を使ってニューラルネットワークを組むためのフレームワーク。 Python でニューラルネットワークのフレームワークというと、他にも TensorFlow とか Chainer なんかが有名どころ。 Keras はそれらに比べると、より高い抽象度の API …

Python: 多変数の関数から勾配法で最小値を探す

以前、このブログで一変数の関数から勾配法で最小値を探す記事を書いた。 blog.amedama.jp このときは題材として という一変数の関数を扱った。 今回は、これを多変数の関数に拡張してみることにする。 ちなみに、この多変数というのは機械学習における多次…

Python: 勾配法で関数の最小値を探す

勾配法はニューラルネットワークなどの機械学習アルゴリズムの中で、学習するときに使われているアルゴリズム。 このアルゴリズムを使うと、与えられた関数の最小値 (または最大値) を探すことができる。 例えば教師データと現在の出力の誤差を計算する損失…